東京米国大使館への館内持込み制限について

東京米国大使館は、2014年5月22日のウエブサイト案内で、2014年6月2日から、ビザ面接の待ち時間を短縮するため、ビザ申請者の所持品を館内で預かることをやめることを発表しました。持ち込みを禁止されている所持品は大使館に到着する前にどこかに保管する必要があります。禁止されているものを持って入館しようとして入館を拒否された場合は新たな面接予約が必要となるとのことです。大阪米国領事館でも同様の措置が実施されます。

持ち込みが可能なもの、不可能なものは、大使館によれば以下のとおりです。

大使館への持込みが可能なもの:

•携帯電話1台(入り口で預ける必要があります)
•手持ち可能な小さな財布やバッグ(10×10インチ以下)
•ビザ申請関連書類が入った透明なクリアフォルダー

大使館への持込みが不可なもの:

•ノートパソコン、iPad、USBメモリ、電子手帳、スマートウォッチ、ポケベル、カメラ、オーディオ/ビデオカセット、コンパクトディスク、MP3、フロッピーディスク、ポータブルCDプレーヤーなどの電子機器
•旅行かばん、トランク、スーツケース
•その他バッグ全般(リュックサック、ブリーフケース、皮製・布製バッグ等)
•大型ショルダーバッグ
•食品全般
•葉巻、煙草、ライター、マッチ
•はさみやナイフ、爪やすりなどの先の尖った物
•全ての武器、凶器、火薬、爆発物

なお、このリストに限らず、これら以外にも警備員の指示により持込みが禁止される物があるとのことです。

| Immigrant, Nonimmigrant, ビザ申請手続き, 日本語