I-94の自動化

非移民ビザで米国を訪れる者に発行されているI-94ですが、2013年4月30日からU.S. Customs and Border Protection (“CBP”)による自動化が実行され、陸路による入国地をのぞいて、これまでのようなペーパーI-94の発行がなくなります。I-94情報は移民局ウエブサイトにアクセスすることで得られるようになり、就職時のI-9作成や、運転免許証やソーシャルセキュリティー番号の申請など、I-94の提示が必要な場合は、CBPウエブサイトからプリントして使用することになります。今のところパスポート番号でアクセスできるということのようなので、これまで以上にパスポートの安全管理が重要になると思われます。

入国手続きの際、CBPはパスポートに入国地・入国日情報のスタンプを押し、滞在ビザ資格および滞在許可期間を記載します。

CBPは、このI-94自動化により大幅な経費節減が図れるほか、入国手続きが迅速化されるとしています。I-94を紛失しても簡単にプリントできるというメリットもあります。

CBPウエブサイトによれば、自動化導入の日程は以下のようです。

Week 1 4/30/13 Charlotte Douglas International Airport,
Orlando International Airport,
Las Vegas Airport,
Chicago O’Hare and
Miami International Airport
Week 2 5/7/13 Major Air and Sea Ports within the following field offices:
New York,
Boston,
Buffalo,
Baltimore,
Detroit,
Atlanta,
Tampa,
Puerto Rico,
Miami,
Chicago,
New Orleans and
Houston
Week 3 5/14/13 Major Air and Sea ports within the following field offices:
Pre-Clearance,
San Francisco (includes Hawaii and Guam),
Tucson,
El Paso,
Seattle,
Portland (includes Alaska),
Los Angeles,
San Diego and
Laredo
Week 4 5/21/13 All remaining airports and seaports
| I-94, Nonimmigrant, 日本語