事務所概要

ガーガニーゴ、ゴールドスミス、ワイス(Garganigo Goldsmith & Weiss)法律事務所は、1977年にアルバート・ガーガニーゴ(Albert D. Garganigo)とチャールス・ゴールドスミス(Charles M. Goldsmith)によって設立されました。

以来、米国移民法専門の法律事務所として、米国就労ビザや永住権の取得を中心とする法律サービスを、日本をはじめとする世界各国の顧客に提供しています。

経験豊富な弁護士と日本人を含むスタッフが、質の高いサービスを良心的な価格で提供します。

主な業務は、米国に入国する外国人に必要な各種ビザ(B1、B2、E1、E2、F1、H1B、J1、K1、K3、L1、O1など)の取得、米国に滞在する外国人のビザ資格の延長、永住権および市民権の取得およびそれらに関連する法的アドバイスの提供です。

おかげさまでお客様のご信頼を得て、多くの日系企業および個人顧客の皆様にご愛顧いただいています。