Category Archives: I-94

Lビザ有効期限の変更と滞在期間

ご存知のとおり、2012年2月14日づけの変更で、米国大使館・領事館で発行されるLビザの有効期間は相互条約にもとづくことなりました。この変更で、これまで移民局発行のぺティションの期限まで、または3年となっていたLビザの有効期間は、日本人の場合ビザ発行日から5年になっています。 個別のLペティションにもとづくLビザで米国に入国する場合、有効なパスポート、ビザ、そしてぺティション認可通知(I-797)が必要です。入国審査では、ビザの有効期限ではなく、ぺティションの有効期限までのI-94(滞在許可)が発行されます。相互条約についての情報をごらんください。(ビザは米国への入国申請に必要な書類で、就労・滞在期間とは関係ありません。L資格で就労できる期間はペティションの有効期限までで、入国審査時に発行されるI-94にその期限が記載されます。) 一方、ブランケットLぺティションにもとづくLビザで入国する場合、有効なパスポート、ビザ、I-129S、ぺティション認可通知(I-797)が必要です。入国審査時に発行されるI-94の有効期間は入国日から3年(ただし、L1AまたはL1B資格で滞在できる期間が残り3年より少ない場合はその残存期間満了まで)というのが従来でした。 2014年12月に更新された国務省のForeign Affairs Manualによると、ブランケットLぺティションにもとづいて発行されるLビザに米国領事が記載すべき項目に変更があり、今後はI-129Sの有効期限がビザに記載されます。なお、I-129Sの期限は、最初のLビザ申請の場合は通常ビザ発行から3年となり、その後のビザ申請では各ビザ申請者がL資格で滞在できる残りの期間を米国領事が判断して記載します。 例として、L1A資格ですでに5年滞在した方が米国大使館でブランケットLペティションにもとづいてLビザの更新を申請する場合をあげると以下のようです。会社のブランケットLペティションは無期限有効のものをお持ちとします。 <前提> 会社のブランケットLペティションは無期限有効とします。 申請者のL1ビザでの最初の入国はほぼ5年前とします。 <米国大使館で発行されるLビザとI-129S > 米国大使館にてLビザ更新申請の結果、相互条約にもとづいて5年有効のビザが発行されます。 I-129SにはLで滞在可能な残存期間が期限として記載されます。 <米国入国時に発行されるI-94> 有効なパスポート、Lビザ、I-129S、ブランケットLペティションのI-797を持って入国審査を受けると、Lビザに記載されているI-129Sの有効期限に一致する期限までのI-94が発行されることになります。これまで入国時に移民局のオフィサーにゆだねられていたLでの残存滞在期間を計算する責任がLビザを発給する米国領事に移行したことによって、入国審査時の混乱が排除されると期待されます。 当分はいろいろなパターンのI-94が発行されることが予想されます。入国審査時に発行されたI-94の期限が正しくないと思ったら担当官に質問してみてください。後日CBPオフィスで訂正を求めることもできますので、無理に争う必要はありません。 パスポートの有効期限までにI-94を制限されることがありますが、これは移民局のミスではありませんのでご注意ください。  

| I-94, Nonimmigrant, 日本語

I-94の自動化

非移民ビザで米国を訪れる者に発行されているI-94ですが、2013年4月30日からU.S. Customs and Border Protection (“CBP”)による自動化が実行され、陸路による入国地をのぞいて、これまでのようなペーパーI-94の発行がなくなります。I-94情報は移民局ウエブサイトにアクセスすることで得られるようになり、就職時のI-9作成や、運転免許証やソーシャルセキュリティー番号の申請など、I-94の提示が必要な場合は、CBPウエブサイトからプリントして使用することになります。今のところパスポート番号でアクセスできるということのようなので、これまで以上にパスポートの安全管理が重要になると思われます。 入国手続きの際、CBPはパスポートに入国地・入国日情報のスタンプを押し、滞在ビザ資格および滞在許可期間を記載します。 CBPは、このI-94自動化により大幅な経費節減が図れるほか、入国手続きが迅速化されるとしています。I-94を紛失しても簡単にプリントできるというメリットもあります。 CBPウエブサイトによれば、自動化導入の日程は以下のようです。 Week 1 4/30/13 Charlotte Douglas International Airport, Orlando International Airport, Las Vegas Airport, Chicago O’Hare and Miami International Airport Week 2 5/7/13 Major Air and Sea Ports within the following field offices: New York, Boston, Buffalo, Baltimore, Detroit, Atlanta, Tampa, Puerto Rico, Miami, Chicago, New Orleans […]

| I-94, Nonimmigrant, 日本語

New Entry Procedure (I-94 Automated)

Beginning April 30, 2013 (this may be delayed), most foreign nationals who enter the U.S. will no longer be required to fill out and submit the paper version of Form I-94 when arriving in the U.S. and will not be issued an endorsed Form I-94 by U.S. Customs and Border Protection (“CBP”). Instead, they will be […]

| I-94, Nonimmigrant

パスポートの有効期限とI-94

お客さん 「Eビザで入国したらI-94は2年もらえると思っていましたが、パスポートの期限まででした」 GG&W 「はい、そういうルールがありますので移民局の間違いではありません」 お客さん 「どうしたらいいですか」 GG&W 「まずはパスポートを延長してください。そのあと移民局に延長申請を出すか、国外に出て再入国するかです」 お客さん 「カナダでもいいですか」 GG&W 「大丈夫です。必ず新しいI-94を使って2年の滞在許可をリクエストしましょう」

| I-94, Nonimmigrant, 日本語